自宅で孤独死した大原麗子さんの魂をイタコが降霊 TBSに批判殺到

シェアする

フォーラム 芸能・エンタメ 自宅で孤独死した大原麗子さんの魂をイタコが降霊 TBSに批判殺到

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。3 週間、 4 日前@ksl_live @ksl_live さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #555 返信
    @ksl_live
    @ksl_live
    参加者

     7月19日に放送されたバラエティ番組「生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP」(TBS系)の中で、2009年に自宅で孤独死した女優・大原麗子さんの魂をイタコが降霊するという企画が流され物議を醸している。

    「イタコとは、死者の魂を能力者の身体に降ろし、故人の代わりに死者の想いを語る降霊術のこと。番組には最後のイタコと呼ばれる女性が登場し、大原さんの弟、彼女と最後に会話したという親友の女性と面会しました。イタコの女性は大原さんの魂を降霊後、『いや?なんか頭痛いな?なんか苦しいな?と思っていたら、ほんとに急に目の前が暗くなってきて…』と当時、不整脈による脳内出血で亡くなった状況を、大原さん本人の言葉として語っていました」(テレビ誌記者)

     その後もイタコの女性は、遺族からの「本当にいま幸せ?」という問いかけに「今は幸せ」と答え、「あの世に行って、美空ひばりさんとか渡瀬恒彦さんとかに会えた?」という言葉には、「亡くなった年月が違うから、そんなしょっちゅう会えるわけではない」と話し、次々と質問に答えていった。

     だがこの内容に、視聴者からは疑問の声が多く上がったという。

    全文は以下へ
    http://news.livedoor.com/article/detail/13380181/

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
返信先: 自宅で孤独死した大原麗子さんの魂をイタコが降霊 TBSに批判殺到
あなたの情報:




スポンサーリンク