<ボクシング>日本メディアが敗れた中国王者を貶めた!?実際は… – Record China

シェアする

フォーラム スポーツ <ボクシング>日本メディアが敗れた中国王者を貶めた!?実際は… – Record China

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 ヶ月、 2 週間前@ksl_live @ksl_live さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #644 返信
    @ksl_live
    @ksl_live
    参加者

    2017年7月30日、鳳凰体育は自メディア(小規模メディア)の記事を掲載、ボクシングのタイトルマッチで日本の木村翔が中国選手を破ったことについて、「日本のスポーツメディアが躍起になって皮肉」と伝えているが、内容は事実と異なるようだ。

    28日に上海で行われたボクシングWBO世界フライ級タイトルマッチで、挑戦者の木村翔は中国の王者・鄒市明(ゾウ・シーミン)を相手に11回TKOで勝利。鄒は08年、12年の五輪ライトフライ級で連覇しており、36歳という年齢が懸念材料だったものの下馬評では圧倒的に優勢だった。

    この試合は中国の各メディアも取り上げているが、その中で自メディアの楽説体育は記事の中で鄒の「皆さん、中国のボクシングに注目してください」という試合後のコメントを「感動的」と称える一方、日本の報道を痛烈に批判。「この結果に狂喜する日本は、繰り返し鄒市明を侮辱している。日本の権威あるメディア・日刊スポーツは『日本の埼玉県の庶民でも中国王者に勝利』という皮肉を込めたタイトルを付けた」としている。

    ところが、その「証拠」として掲載したキャプチャ画像に写る日刊スポーツの記事タイトルは「木村翔、五輪王者の鄒市明破り新王座 敵地で快挙」となっている。同社のほかの記事にも、該当するようなタイトルは見当たらない。日本語が分からない中国の読者向けに、いいかげんな内容を記載した可能性もある。

    続きは以下へ
    http://www.recordchina.co.jp/b185973-s0-c50.html

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
返信先: <ボクシング>日本メディアが敗れた中国王者を貶めた!?実際は… – Record China
あなたの情報:




スポンサーリンク