「少女生存」情報は誤り、そもそも実在せず メキシコ:朝日新聞デジタル

シェアする

フォーラム 時事・政治・事件 「少女生存」情報は誤り、そもそも実在せず メキシコ:朝日新聞デジタル

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。3 週間、 4 日前@ksl_live @ksl_live さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #934 返信
    @ksl_live
    @ksl_live
    参加者

     メキシコで19日に起きたマグニチュード(M)7・1の地震で、倒壊した校舎の中で生存しているとして大規模な救出作業が続けられていた少女が、実際には存在しないことが明らかになり、メキシコ国民に衝撃を与えている。救出にあたっていた同国海軍の幹部が21日夜、「誤った報告が原因だった」と認め、謝罪した。

     生存しているとされた女児の名は「フリーダ・ソフィア」。メキシコ市南部の学校で多数の生徒が生き埋めになった悲劇の現場から出た生存情報だったため、希望のシンボルとしてメキシコ国内だけでなく世界中から注目を集めていた。

     「倒壊した校舎内に少女がいる」との情報が流れたのは地震発生翌日の20日。救助隊は具体的な救出作戦を発表し、ほかの関係者も報道陣に「子どもは生きている」などと説明。「少女の指が動くのを見た」「ホースで水をあげた」「ほかにも生存者がいる」といった情報が次々と流れた。

     救助の緊急性が強調され、クレーンや最新のセンサーなどが導入されたが、その後、同じ名の生徒が学校にはいないことが判明。無事だった生徒、入院している生徒、遺体で発見された生徒ら全員の安否が確認され、少女はそもそも存在しない人物とわかった。

    続きは以下へ
    http://digital.asahi.com/articles/ASK9R0C7ZK9QUHBI04S.html

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
返信先: 「少女生存」情報は誤り、そもそも実在せず メキシコ:朝日新聞デジタル
あなたの情報:




スポンサーリンク