投稿やトピックを作成するには↑からログインしてください。

最小のハッチョウトンボ羽化 古座川の湿田

 和歌山県古座川町直見の大谷湿田で日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの羽化が始まっている。例年、7月下旬まで見られる。生息地を保護している町教育委員会は「ルールを守って観察、撮影してほしい」と呼び掛けている。

最小のハッチョウトンボ羽化 古座川の湿田:紀伊民報AGARA
 和歌山県古座川町直見の大谷湿田で日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの羽化が始まっている。例年、7月下旬まで見られる。生息地を保護している町教育委員会は「ルールを守って観察、撮影してほしい」と呼び掛け...
KSL昆虫フォーラム
タイトルとURLをコピーしました